男鹿川C&R区間
管理釣り場ドットコム釣行記 >> 2007年5月2日(水)
 
奥日光でカワマスに出会えるか?

 栃木県日光市、中禅寺湖の先にある奥日光・湯川C&R区間に行ってきました。ここ湯川といえばカワマス(ブルックトラウト)で有名な河川で日本のライセンス制釣り場の草分け的な存在でもあります。解禁日翌日という事で多少、期待しての釣行ですが、果たしてどうでしょう?


最上流部(湯滝下〜泉門池)はやや高低さ差あるも入渓は楽

 今ひとつはっきりしない天気の中、湯滝レストハウスに向かう。駐車場代410円を払い(観光地だしここは仕方ない、、、)釣券を購入してから早速準備開始。
 湯滝下から入ってみるけどGW中ということもあってどのポイントにも先行客が入ってる。湯川全体がゆったりとしたチョークストリームといった印象だが、このあたりは普通の渓流とさして変わりない流れだ。この区間は木道から川まで降りる落差があるが、地面が腐葉土なので割りと足元に引っかかるのでそれほど登り降りが苦にならない。2〜3箇所人のいないところに入ってみてミノーを引いてみたがまったくノーバイト。今日は偏光グラスを忘れてしまったので(ケースの中がカラだった、、、)魚がいるのかいないのかさえ皆目検討つかない。
 ところどころでフライマンに話しかけてみると、全体的には渋い感じだけど、魚がまったくいないわけでもないようだ。フライも沈めないと出ないとの事。
 結局ほとんど釣りをしないまま小滝まで移動。
 ここは良さそうな感じだけど、、、やっぱりノーバイト。ちょっと来る時間が遅かったかもしれないなぁ。。。


戦場ヶ原側は穏やかなチョークストリーム

 ところどころで驟雨にあいながら、戦場ヶ原へ。
 このあたりは木道とポイントの高低差はないのだが、湿原地域なのでときたまぬかるみに足を取られる事も多い。気をつけないとウェーダーが泥だらけという事にもなりかねないので要注意。先行者の足跡をたどりながら入渓するとゆったり流れるチョークストリーム。
 ようやく人気もなくなってきたのでのんびりキャスト。うーん反応ないし、魚も見えません(w ひたすらラン&ガンを繰り返してみましたが途中で心折れました。

 という事で、今回は魚との縁がなかったです(w
今回はスタート時間が遅かったことと偏光グラスを忘れて来たことなどいろいろ不運な事が重なりましたが、次回来る事があれば、もう少し早く来てみようかなーと、足取り重く赤沼茶屋から湯滝下へ向かうバスに乗り込みました。。。

報告:今井
 
奥日光・湯川C&R区間

GWだけあって入渓者多し

奥日光・湯川C&R区間

小滝は好ポイント

奥日光・湯川C&R区間

チョークストリームが続く
 

Google

奥日光・湯川C&R区間の地図はこちら

■その他、周辺情報
 基本的には駐車場は湯レストハウスか赤沼茶屋に停める事になる。赤沼茶屋と湯滝下間は、日中はおよそ30分間隔で東武バス(湯元温泉〜日光駅)が運行されているので釣下って(釣りのぼって)帰りはバスで移動という手もある(2007.5.2現在この区間300円)食事はこの2箇所で摂る事も出きる。また、この区域は全面禁煙なので煙草は車の中に置いていこう。基本的に移動は全区間に木道があるので楽。ただ、釣り客以外の観光客も大勢いるので木道に近い所でのキャスティングは廻りの注意が必要。

湯滝レストハウス
赤沼茶屋
赤沼茶屋前に公衆トイレ
木道があり移動は楽
男鹿川C&R区間
男鹿川C&R区間
男鹿川C&R区間
男鹿川C&R区間

| TOP |
※画像・文章の無断転載は禁止します。 (c) 管理釣り場ドットコム