管理釣り場ドットコム釣行記 >> 2007年2月25日(日)

静岡県清水町
柿田川フィッシュストーリー

2007.2.25(日)晴れ

[ フィールドレポート ]
魚影の濃い柿田川FSで朝から大爆釣の予定!、、、ん?今日は何かが違うぞ?



 皆さんこんにちわ。記録的な暖冬ですが油断して風邪などひいてないでしょうか?

 さてさて、今回はエリアフィッシングの癒し系?魚影がギョエー濃い(失礼しましたー)
柿田川フィッシュストーリーに行って来ました!柿田川FSと言えば柿田川湧水を使った超クリアエリア。池の数も多く、クリアゆえの難しさから攻略の手段も多彩に用意しておかないといけないエリアですが、圧倒的な放流量を誇る釣り場なので、何も考えずにリールを巻いていれば釣れてしまうのもまた魅力なエリアです。しかし、その魅力の高さゆえにライバルとなるお客さんもまた多く、休日ともなると池の周りに人の壁が出来るほどです。

  今回は午後からショップ主催の大会に参加のため午前中のみのレポートです。また今回からは、タックルのメーカー名やカラーも詳しく説明して行きますので、皆様のタックル準備の参考にしていただければかと思います。



魚影がギョエー濃い(みんなニジマス!)

 釣行当日は2月25日。その日は東山でトラキン地方予選が開催されていて、柿田川に来る人は少ないだろうと勝手に思い込み朝一から大爆釣!!! ウハウハ!!!になると思って(予定でした・・・)ました。

 朝一に、まず大会で使用する北1号2号の様子を確認だけしようと思い、意気揚々と北池に直行。定番の赤/金(アングラーズシステム:バックス2.5g)をリグり表層からセオリーどうりに攻める。 





     が、無反応・・・


     あれれ・・・???


     数投繰り返すも反応が無い。


     およよ・・・???





  バックスからフォレスト:ミュー2.2g(オレンジ/ゴールド)にスイッチ。少々スローに攻めてみる。程なくしてようやっと反応が返って来るも、フッキングまで至らない・・・ 朝一に抱いていた甘い予想は、無残にも砕け散る!!!しかも粉末レベルに・・・



     この事態は何事!???




 後々理由が判明しましたけど、この時点では相当にへこみました。
いろいろ試してみると、スピードを落としたら反応が返ってきたので、とりあえずクランク(ラッキークラフト:クラピーDR,S/B)のスローリトリーブで攻めてみる。 ようやっと一匹キャチ!柿田名物の元気のよい中型のホウライマスだ。



中型ホウライマス

 後で分かったのですが、実はクランクがこの日のストロングパターンだったのですが 個人的にはスプーンのマキマキで釣りたかった・・・この後は無事パターンもつかめ、北池でそこそこ数を取り、大会のために池を休めることにしました。





 次に向かった池は、南5号池。この池は他の池で一度仕事をした魚を再放流してある池です。一度働いた魚をリサイクルしていますのでスレテる?と思われがちですが、その放流量は半端なく、また池の水深も他と比べると柿田の中では深くルアーの選択も広がります。


 本日へこみぎみで弱気の自分はクランク(ロデオクラフト:モカDR,ブラオレ)でスタート。 普通に中段をスローで攻めるとすぐにヒット!



   ……オヤ???




  釣れ線のルアー選択では有りますが、北池とは明らかに反応が違う・・・ 魚は一度釣られている確率が高いのに何でー??? やはりルアーが良いのか??? スピードか??? カラーか??? 謎が謎を呼ぶ。



レインボウのヒレピンが釣れ続く!

 釣れたからまあいいやって感じ(B型なもんで・・・)で、あまり深く考えずに同じパターンで続ける。ホウライとレインボウのヒレピンが、そこそこ釣れ続く。 ようやっと柿田らしくなってきたなーなんて、勝手に考えながら一安心。柿田らしくなってきたところで別のパターンも試してみる?って自分で自分に言ってみながら(余裕ができた?)ボトムを叩いてみる

 魚の反応は良好。しかし、魚影がぎょえー(すんません)濃いために、柿田特有の問題に直面!ルアーをボトムに落とすとラインに他の魚が当たってしまう・・・バイトなのか背ずれなのか判断できない・・・無理にあわせると、スレの連発に・・・魚のためにも柿田の場合、ボトムを叩く時はサイトで釣るのが良いようで・・・水は超クリアーなので偏光サングラスは必ず装備しましょう。目の保護になるし魚も釣りやすくなり良いことづくし!!!


  そして一通りパターンも掴んで納得したので南1号、2号は???と思い移動しようか・・・と思って1,2号の方を見ると


すでに人の 壁! 壁! 壁!

出た・・・ 柿田川FSは超有名エリア(なにせ魚がしこたま入ってますから・・・)なもので、ここでも人壁に遭遇・・・


     、、、やめ!!!



 休憩と早飯にして午後の大会に備える事にしました。 このとき仕入れた情報ですが、北池の不調は池を掃除した後で、アングラーが相当叩いた後との事です。そりゃー魚も疲れるやねー。


 それでも今回はそこそこ(3時間位で30匹?)釣れました。最近はエリア人口の増加に伴い、アクセスの良い所、都心に近い人気エリアではどこも混雑ぎみの傾向が覗えました。人気エリアに行く時は朝一と装備は確実に・・・

でも魚は生き物。いつも釣れる釣り場もたまには状況が良くない時もあります。今回はいつもの柿田川FSのイメージで釣りを出来ませんでしたが、逆にこういう状況を経験することが、自分のテクニックをレベルアップさせる事に繋がるんじゃないかと思います。



  さて次回は少し都心から離れてみようと思います。なにせサンデーアングラーですから。
 



                                                       報告:田嶋 昇


GOOGLEMAP

柿田川フィッシュストーリーの所在地図はこちら


| TOP |
※画像・文章の無断転載は禁止します。 (c) 管理釣り場ドットコム