TOP >> サンスイ トラウトルアーフェスタ2006 FISHON!王禅寺

サンスイトラウトルアーフェスタ2006
FISHON!王禅寺

2006.11.16(木)晴れ

11/16、プロショップサンスイ主催のトラウトルアーフェスタ2006に行ってきました。
さすがサンスイさん、参加メーカーも目白押しでした。平日にもかかわらず多くの人出でにぎわいました。
取り急ぎ画像をアップしますが、全てのメーカーさんのブースを載せることはスペース的に不可能です(ごめんなさい!)ので、 雰囲気だけでも味わってみてください。

 
イベント開始直後のクラブハウス前をルアーポンド反対側から。多くのテントはほんの一部です。
こちらはラッキークラフトブース。おなじみクラピーシリーズと魚皮を貼ったルアーも展示されていました。

管理釣り場のハイシーズンともあって、各社ともエリア用タックルの品揃えが充実していました。訪れたアングラーの皆さんも目移りしてしまったでしょうね。

こちらはタックルハウスブース。小型ミノーバフェットです。お世話になってます。
クレハブース。おなじみのライン各種が並んでいます。R18シリーズはトラウトルアーファン要チェックですよ!

こちらはグラファイトリーダーのブース。新製品のトラウトロッド「Bellezza(ベレッツァ)」が展示してありました。しっかりとした感じのブランクスで振り抜けも良いように感じました。要注目です。
こちらはズイールのブース。アングラーの遊び心をくすぐるルアー満載です。ファンが多いのもわかりますね〜。

このイベントはなんと参加費無料!各社話題の新製品が見られることはもちろん、もう一つ、イベント用のスペシャルカラーも用意しているメーカーもありました。スペシャルプライスで販売されているルアーも多くありました。(個人的にミノーをたくさん買ってしまいました。お金が…)

こちらはシマノのNewカーディフエリアリミテッドです。グリップに花梨を使用しており高級感もバッチリ。花梨は非常に硬い木なのでオイルを染み込ませた木材よりも軽いとか。機能性とデザインを融合させてるんですね。
こちらはセミナー会場となったエサ池まわり。1時間ごとに会場内の各所で有名アングラーを講師とした各種セミナーが行われていました。
セミナーの合間にダイワ精工のテスター高田氏が新しい66SVFについて熱心なアングラーに解説中の図。

難波伸敏さんセミナー中の図。永浜いりあさんにスカジットデザインズ「ナッツ」の使い方について解説していました。
たくさんの方が見学していましたね。
む!?ノリーズ(マルキュー)ブースにて見たことないルアー発見!
鱒玄人のロングディスタンスモデルだそうです。思いっきり遠投したい人は要チェックですね。


取り急ぎ本日のイベントはこんな感じでした!ということで報告を終わります。釣れる!ということを追求するのはもちろん、遊び心のあるルアーも数多くリリースされていた事も印象に残りました。
中村店長によれば「来年ももちろん開催しますよ!」とのことです。とても楽しいイベントですので、お近くの皆さん次回はお友達を連れてぜひ参加してみてください。
(詳細はプロショップサンスイホームページでチェックしてください。)

追記:王禅寺は広かった…(端から端まで何度も往復していたらけっこう疲れました〜)  報告:川和




 
※画像・文章の無断転載は禁止します。 (c) 管理釣り場ドットコム